不動産投資を始める前に準備したいこと

不動産投資は情報収集から

不動産投資をはじめるときは、まず投資する物件がないと始まりません。投資する物件の情報収集を納得のいくまで行うことが大切です。一旦購入すると長い付き合いになるので、事前に自分がどのような物件を求めているのかを明確にしましょう。
次に、不動産投資に欠かせないパートナーを選びましょう。不動産会社の売買の仲介担当者や、実際に購入した物件の管理を外部に委託するのであれば管理会社、リフォームや修繕、清掃の際にすぐに声をかけられる業者などです。最低限これらの人脈の構築を事前に行っておくと不動産投資をスムーズに進めることができるでしょう。一人で全てを完結することができない、他に仕事があるので時間が限られている、そんな方は特にこれらの情報収集に努めておくことが大切といえます。

運用にあたり知っておくべきこと

不動産投資は緻密な資金計画をたてておかないと、思わぬところで問題が起こることもあります。一見プラス収支になりそうにみえていても、実際に運用を始めてみて、こんなはずではということもあり得るのです。リスク要因について事前に知識を得ておくことがとても大切です。
考えられるリスクとしては、空室が長く続いてしまった、借り入れしているローン金利が上昇した、水漏れなどの事故が発生したなど想定外の出費が発生することがあります。運用益を上げるために始めた不動産投資が、逆にマイナスになってしまった、ということのないように事前に想定されるリスク要因を含め、できるだけ余裕をもった資金計画をたてておくことが大切といえるでしょう。

© Copyright Start Investing. All Rights Reserved.