必ず不動産投資で成功するためのポイント

立地の良い物件を選ぶ

いくら利回りの良い物件を選んでも、空き室が多ければ収益が下がるので赤字になるかもしれませんよね。そもそも物件情報に掲載されている利回りは満室時の賃料を元に計算されていますから、空き室が多いと赤字になるのは当然なんです。
空き室を減らして安定した賃料収入を得る為には入居者を増やす必要があるのですが、そのためには物件の立地が重要です。たとえ新築の物件でも借り手の少ない地域では入居者が増えませんからね。入居者が期待できる立地としては大学の周辺、駅の周辺、学校や公園の周辺などが定番ですが、病院や医療施設の近くも高齢者向けの物件にはオススメです。大学周辺なら学生向けのワンルーム、学校や公園の周辺ならファミリー向けなど立地によって好まれる物件のタイプも違いますから、その辺りも抑えておきたいですね。

物件の管理も大切にする

利回りが良くて、入居者も確保できる良い物件を選ぶことは不動産投資を成功させる上で重要なポイントですが、良い物件を選ぶだけで満足する人も多いんですよね。
意外と軽視しがちなのが物件の管理で、管理が悪いと最初は高かった入居率もすぐに低下するかもしれません。クレームへの対応が悪い、共用部分が汚い、外壁の汚れ・傷みが補修されていない、そんな物件に住み続けたいとは思いませんよね。
こうした物件の管理は管理会社にお願いするのが一般的で、管理会社には外壁の補修など建物の管理だけをする会社もあれば、クレーム対応など入居者管理も行う会社もあります。
入居者管理では空き室が出た場合の入居者募集も行ってくれるので、建物管理に加え入居者管理も行う管理会社を選ぶのがオススメですよ。

© Copyright Start Investing. All Rights Reserved.